目立たぬ器具

歯の矯正治療を受ける際の障害となるのが、目立ちすぎる矯正器具を装着しなければならないことです。いくら治療を受ければ歯並びの悩みが解消されるといっても、その過程で重い負担を強いられるのは嫌なものです。 しかし、現在では、目立たないように工夫された透明や歯と同じ色をしたタイプや、歯の裏側に装着するので人目に触れることは一切ないタイプの矯正器具もあります。但し、これらのタイプの矯正器具は、まだまだ一般的だとは言えないのが現状です。ただ、これらのタイプの矯正器具が存在していること自体、かなりの進歩だと言えるでしょう。 今後、これらのタイプの矯正器具が一般的になることが予想されます。従って、今後、歯の矯正治療は現在よりも受けやすい環境になることでしょう。

ただ、中には歯並びが悪くても気にならないという人もいることでしょう。悪い歯並びを改善する人の目的の多くは、見た目の改善であるはずです。ということは、見た目を気にしない人は悪い歯並びも気にならないということになります。 しかし、見た目は気にならなくても、悪い歯並びは気にするべきです。なぜなら、悪い歯並びは、見た目以外にも問題を抱えているからです。 最大の問題は、健康を損ねてしまう可能性があることです。歯並びが悪いということは噛み合わせが悪いということでもありますから、食べ物を十分に噛み砕けない状況です。従って、食べ物は、しっかりと噛み砕かれないまま飲み込まれることになります。そうなると、飲み込んだ先にある胃や腸等に負担がかかることとなります。その負担は、病気の原因となります。 このように、歯並びの悪さは病気を発症する原因になりかねませんから、見た目に無頓着であったとしても、悪い歯並びは改善すべきなのです。