今後の展望

歯科治療のサービスへのニーズは今後も多様化するので、対象とする患者に合わせて歯科クリニックの経営スタイルを変えるべきである。また今後は虫歯の予防へのニーズも高まるために、予防歯科に力を入れるのが理想的である。特に予防を中心にすることで、早期治療を求める患者からの信頼も高まるであろう。また自由診療の幅を広げることで、歯科クリニックの収益性も高めることが可能である。そのために今後は患者とじっくりと向き合いながら、最適な治療を提案するようなスタイルも増えるであろう。そして歯を失った人に対しては、インプラントも含めて幅広い選択肢を提案するのが主流になるであろう。また定期検診に力を入れることで、ホームドクターとしての存在感を高めることも可能であろう。

歯科クリニックの独立開業が増えているので、効率的に経営を行うためには将来を見据えた経営戦略を立てるべきである。特に5年後の患者のニーズを考えながら設備投資を行うことで、長期的に安定した患者数を確保することが可能であろう。また夜間診療と休日診療を求める患者のニーズが高まっているので、診療時間の変更にも柔軟に対応するべきである。そして地域の小中学校の検診も積極的に行うことで、地域に密着した診療が行えるであろう。また駐輪場や駐車場を整備することで、通院しやすいクリニックをアピールすることも可能である。また医院経営に詳しいコンサルタントを活用することで、経営上の問題点も早期に解決して、収益アップが実現できるであろう。