定期的な治療

歯医者に行くときは、たいてい歯の痛みや違和感、また親知らずを抜いたり、そのほかの歯を抜く抜歯が中心というイメージがあります。自分自身が虫歯かどうか確認をするために受診をしたり、学校の歯科検診で指摘をされて歯医者に行ったりと、まちまちですが、気になった時に利用しています。虫歯になると、歯に痛みが出るだけではなく食生活も制限されてしまいます。また、おいしいものがおいしく食べることができなくなるので、傷みが出た時には早い段階で歯科受診をすることをお勧めします。早期に受診をすると簡単に治療をすることができますが、虫歯が進行すると何回か受診をしなければいけなくなります。また、傷みも持続してしまうので、定期的な受診をした方がいいです。

最近では、歯科に一回受診すると、治療が終わっても定期的な健診の案内が送られてきます。自分で意識して歯科を受診することは治療以外ではないので、こういった案内状で定期的な受診を勧められると、早期発見・早期治療にもつながります。歯以外にも口腔内の清潔を保つことも口の仲の健康を保つために大切なことです。歯ぐきや歯並び、ホワイトニングや矯正歯科など歯科の治療の分野も幅広くなっています。高齢者になっても健康的な歯を保つためには、こういった予防歯科や健診を定期的に受ける必要があります。予防中心の治療のため、受診回数も少なく、経済的にも安い金額ですみます。また、それに加えて歯をきれいにするということにも力を入れている歯科が増えてきています。